« 「キューバ?俺も行くよ!」マリオでドン小西はワインを飲みながら言った | トップページ | 締切直前!キューバに急げ!リアル・シガー・ツアーとゲバラの親族たち »

2010年1月16日 (土)

ブラッスリー・マノワ シマジさんはUOMOとJALと打ち合わせ「キューバへ行こう!」

Manoir 武田です。

土曜日ですが、いかがお過ごしですか?

写真は広尾のブラッスリー・マノワというフレンチのお店。ホントにおいしいのでオススメです。

昨年秋にやはりここで秘密会議がありました。

顔を合わせてこっそりしゃべっていたのは、シマジさん(島地勝彦さん)、UOMOの編集長、JALの広報の方。

このキューバツアー、伝説になるよ!Amaiseikatsu やろうぜ、行こうよ、キューバ!

すごい話はあっさり決まるもので、UOMOは創刊5周年を記念してやりたい、とのこと。

中世のスペインが再現された町並み、伝説のフェスティバル、世界最高級のシガー、となんだか妄想は膨らみます。

チェ・ゲバラもいた町です!

島地勝彦さんは、『シマジさん』と書いたほうが通りがいいかもしれません。

一昨年まで集英社インターナショナルの社長をしていらっしゃいました。馳星周先生の『リアル・シガー・ガイド』の出版もココ。週刊プレイボーイの編集長としては、歴史に残るような売上で、編集者の間では伝説です。

リタイアの際の、東京會舘でのパーティには、北方謙三先生や、発起人の瀬戸内寂聴先生、塩野七生先生、なぜか出版社の垣根を越えていろんな会社の編集者、そして今をときめく民主党の小沢幹事長まで来てらっしゃいました。

Cuba_3 いやー、目が点になったというか、交友関係に驚いたというか。

「普通リタイアの人にこんなに集まりませんよ。これがシマジです」とは某出版社の方の言葉。

その後出版された、『甘い生活』はベストセラーになり、すぐに重版が決まりました。

で、この方、“あの”シガーのティスティングクラブとしては多分一番有名といってもいいと思うんですが、“赤帽倶楽部”の名誉会長。

Cuba_2 キューバで盛り上がるのも当たり前ですね。

こんな方とも同行するツアー、申し込み締め切りも迫っています。

悩んでいらっしゃる方は、今すぐお申し込みを!

もうお時間残っていませんよ!

WEB UOMOにも「創刊5周年記念!キューバ!リアル・シガー・ツアー!」としてアップされています!皆さんご覧ください!お申し込みもお急ぎください!締め切りがやってきますよ!

sun リアル・シガー・ツアー詳細はこちらから>>>

sun リアル・シガー・ツアーお申し込みはこちらから>>>

sun 40%オフ!+tax シガーダイレクトはこちらから>>>

|

« 「キューバ?俺も行くよ!」マリオでドン小西はワインを飲みながら言った | トップページ | 締切直前!キューバに急げ!リアル・シガー・ツアーとゲバラの親族たち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62739/32995946

この記事へのトラックバック一覧です: ブラッスリー・マノワ シマジさんはUOMOとJALと打ち合わせ「キューバへ行こう!」:

« 「キューバ?俺も行くよ!」マリオでドン小西はワインを飲みながら言った | トップページ | 締切直前!キューバに急げ!リアル・シガー・ツアーとゲバラの親族たち »