« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月30日 (火)

【レボリューション!シガーダイレクト】 プロジェクトスタート!

Revolutioncigardirect ■武田です。明日から師走。あっと言う間に年末がやってきましたね。

■「シガー界の革命児、シガーダイレクト!」と言いながらどんどん新しいことをしてきたシガーダイレクト。日本国内の40%オフ!を実現したシガーダイレクト。「ファッションチェック」でおなじみのデザイナードン小西さんや、作家北方謙三さん、馳星周さん、コラムニスト島地勝彦さんの応援やアドバイスを受け、ジップロックでお届けした状態最高のシガーは、実はなんと!スイス流通用、世界最高グレードのシガー。
「なんだ、だからすごく品質がいいのか」
って納得でしょ?

■そんなシガーダイレクトは、さらに改革に乗り出します。名づけて『レボリューション!シガーダイレクト』!どんな改革であなたのシガーライフをサポートするのかはお楽しみ!

さあ!シガーマニアが最も愛したシガーダイレクト、
その改革のプロジェクトがスタートします!

ああ、興奮するなあ!

Mail シガーダイレクトへのメールはこちらから>>>

Cd_1 40%オフ!+tax シガーダイレクトへはこちらから>>>

Beg シガー初心者、葉巻入門の方はこちらから!やさしくお教えします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月29日 (月)

「日本人なのにイケバナを知らないのか?」とドイツ人は言った

Img_06 ■武田です。柘恭一郎様の素晴らしい事跡をたたえるページをアップしました。追悼の文章は、これまた柘恭一郎様のお葬式の受付までやられたヒロ嶋田さん。

■イケバナが紹介されていますが、私が思い出すのはあるテレビ番組。日本のことを知っているか?というのをいろんな国で聞くんですが、ドイツでのエピソードが出色。

ドイツ人 知ってるよ!日本のことだろ?イケバナ、すごいよね!

日本のテレビスタッフ イケバナって何ですか?

ドイツ人 えー!日本人なのにイケバナを知らないのか?イケバナの専門店もあるよ、行ってみなよ!

と紹介されたのが、柘のパイプの名品、イケバナ。

そのお店では、イケバナの大ファンのオーナーが、世界中から集めた、というイケバナに囲まれていました。

■さすがに職人の国、ドイツ。ものすごい評価だったんですね。Img_07一品ずつ、その人に合わせたオーダーメイド。今でも柘製作所の方が、あなただけのために作ってくれます。これについてはお問い合わせください。

■この写真はイケバナの中でも有名なマウントフジ。2つとして同じものはありません。
こういうパイプをオフに使う。
リタイアしたときに持つ。
そんな贅沢、いかがでしょう?

Mail シガーダイレクトへのメールはこちらから>>>

Cd_1 40%オフ!+tax シガーダイレクトへはこちらから>>>

Beg シガー初心者、葉巻入門の方はこちらから!やさしくお教えします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月25日 (木)

元肥後細川藩庭園 浜町公園の紅葉

Tk_kao  ■武田です。お元気ですか?

■すっかり紅葉の季節になりました。で、今日はあなたにプレゼント。
うちのベランダから見る、浜町公園の紅葉です。

■ここは江戸時代には肥後細川藩の庭園だったとこ。隅田川が向こうに見えます。屋形船や、遊覧船が行き来するんですが、夜はライトアップされてそりゃー綺麗です。

■私はベランダからこの景色を眺めながらシガーをするのが大好き。この景色の間はバーに行くよりも、このベランダが最高の場所だと思いませんか?あなたにもぜひ一緒に見ていただきたいなあ、と思います。

Mail シガーダイレクトへのメールはこちらから>>>

Cd_1 40%オフ!+tax シガーダイレクトへはこちらから>>>

Beg シガー初心者、葉巻入門の方はこちらから!やさしくお教えします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月19日 (金)

明日はお祭り

■武田です。明日11月20日(土)は、私がやっている無外流居合のお祭りが日本橋浜町の浜町スポーツセンターであります。お祭りの名前は『剣客万来』。お祭りなので見るのは無料です。毎年あっているんですが、今年は私は審判だそうです。

■選手で出る人の刀を考えると、300本くらいの刀が抜かれることになるんですね。壮観です。ご興味のある方はどうぞいらしてください。

Mail シガーダイレクトへのメールはこちらから>>>

Cd_1 40%オフ!+tax シガーダイレクトへはこちらから>>>

Beg シガー初心者、葉巻入門の方はこちらから!やさしくお教えします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月18日 (木)

先月のシガー&ブログ・ナイト! 人気コラムランキング!

■武田です。ちょっと遅くなりましたが、先月10月の『シガー&ブログ・ナイト! 人気コラムランキング』を発表します!↓これ、鳴らしながら読んでください!

Gigi_21位  恋のてほどき ―門司港 赤レンガのカフェにて(10月20日(水))

『一人前の女性はシガーを知っておかないとダメよ』
という素敵なお話にアクセスが集まりました。武田のなんとなくせつない、シガーの思い出です。

2位 俺たちは消耗品じゃないぞ!(10月21日(木))

映画『エクスペンダブルズ』の話題。
シガーをカッコよく吸う映画です!

3位 mixiのシガーダイレクトでアンケート開催中! (10月25日(月))

mixiのコラムで『シガーダイレクトのどこが好き』アンケートを開催中。
まだの方は急ぎご協力ください!

4位 リンダのチョコレートをめぐる冒険④(10月28日(木))

リンダの気に入ったチョコのご紹介。
結構人気で、今もアクセスをとっています。

5位 リンダのチョコレートをめぐる冒険③(10月26日(火))

こちらも地味~に人気(笑)。
読んでいると、食べたくなってきますね。

ぜひ感想をお寄せください!

Mail シガーダイレクトへのメールはこちらから>>>

Cd_1 40%オフ!+tax シガーダイレクトへはこちらから>>>

Beg シガー初心者、葉巻入門の方はこちらから!やさしくお教えします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月17日 (水)

愛すべきあつかましさ 島地勝彦 12月1日出版

Shimaji ■武田です。サロン・ド・シマジで島地さんとワイドチャーチルを吸ってきました。

■ちょっとお願いがあったんですが、そんな用事はすぐに終わって、ランチの後は、シガーを吸いながらの素敵な時間。

■ということでお知らせでーす!シマジさんの今年最後の本が小学館から出版されます。タイトルは「愛すべきあつかましさ」。リーダーなき日本を救う、抱腹絶倒の処世術・・・元『プレイボーイ』の名物編集長が、大物作家たちがいかに“愛すべきあつかましさ"で人の心をつかみ、思い通りの仕事をしたかを分析。“愛すべきあつかましさ"をもって世界史を動かした歴史上の偉人についても解説

■このつかみを見るだけでおもしろそうですよね。大物作家の話もシマジさんだから書けるんでしょうね。帯の写真は立木義浩さんだそうで、なんともぜいたく。発売は12月1日ですが、もうアマゾンで予約開始。私も予約注文してしまいました!

Mail シガーダイレクトへのメールはこちらから>>>

Cd_1 40%オフ!+tax シガーダイレクトへはこちらから>>>

Beg シガー初心者、葉巻入門の方はこちらから!やさしくお教えします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 8日 (月)

巨星逝く・・・柘恭一郎様のご冥福をお祈り申し上げます

Kyoichiro01■武田です。もうご存知の方も多いかと思いますが、“イケバナ(柘製作所オリジナルのパイプブランド)で世界的に熱狂的なファンをもつ柘製作所の創業者にして、職人の憧れ、柘恭一郎様が先週お亡くなりになりました。

■明治44(1911)年2月25日生、享年100歳。ご先祖は、加賀の刀匠「兼若」だそうで、モノ作りにこだわられたのも、血なのでしょうか。

■世界にここだけしかない、という技術をたくさんお持ちの柘製作所。その源はこの柘恭一郎様。私も浅草東本願寺で先週末金曜に行われたお通夜、土曜の本葬とおまいりしてきましたが、浅草界隈の方たちが「世話になったんです」と言いながらはっぴを着て誘導。また柘製作所の方たちが受付、業界の方を始め、官界財界の各界からもたくさんの声や参列者、お花が届いていたのが印象的でした。皆さんがそのお人柄を慕っていたんですね。

■近所でお仕事を営んでいた方が、経営の問題で廃業したときも「うちで働きなさい」とその後の道を心配なされたそうです。そんなお人柄が偲ばれる、温かいご葬儀でした。謹んでご冥福をお祈り申し上げます。Tsuge_2

※このニュースをいち早く届けてくださったヒロ嶋田様には、この場を借りてお礼申し上げます。

Mail シガーダイレクトへのメールはこちらから>>>

Cd_1 40%オフ!+tax シガーダイレクトへはこちらから>>>

Beg シガー初心者、葉巻入門の方はこちらから!やさしくお教えします

続きを読む "巨星逝く・・・柘恭一郎様のご冥福をお祈り申し上げます"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »